【解説】医療費控除ってなに?

こんにちは!かまくらです!

突然ですが、医療費控除という言葉を知っていますか?

MEMO

医療費控除とは、一定額以上の医療費を年間で支払った場合に、納めた税金の一部が戻ってくる制度です。

2月になると確定申告が始まります。

私は訪問理学療法士として日々患者さん・利用者さんの自宅に訪問しているので、新年になるとご家族から確定申告のために、領収書のことについて質問されることがよくあります。

私も今年は医療費が多くかかり、確定申告をすることが必要になりました。

ひとつずつ解説していきたいと思います。

医療費控除の対象となる金額は?

医療費控除の対象になる金額は、支払った医療費から保険金などで補填された額と10万円を引いた額となります。
医療費控除額の上限は200万円です。
(総所得が200万円以下の人の場合には、10万円の代わりに総所得の5%を引いた額となります。)

 

控除額=支出した医療費の額ー保険金等の額ー10万円

 

家族の分もまとめて申告できるのか?

自分以外にも生計を同一にする家族の分もまとめて申告可能です。

同居は要件ではないので、一人暮らしの大学生の子供の医療費も控除対象に含まれる。

対象となる医療費は確定申告をする年の1月1日から12月31日までに支払った医療費が対象となります。
(12月31日時点で支払っていない医療費はその年の医療費控除の対象にはなりません。)

医療費控除の対象になるものとならないものは?

対象になるもの

  • 病院での診療費 ・治療費(保険外診療も含む)
  • 処方箋をもとに購入した医薬品の費用
  • 医療用器具の購入費(松葉杖など)
  • 治療のためのリハビリ・マッサージ費用・はり師灸師による施術代
  • 介護保険の対象となる介護費用
  • 通院や入院のための交通費
  • 歯の治療費(保険適用外の費用を含む)
  • 子供の歯列矯正費用
対象となる場合
  • 入院費用や入院中の食事代も対象
  • 妊娠・出産では、定期検診や検査代、出産や入院のための費用、不妊治療費用も対象
  • 歯列矯正は噛み合わせを直す目的で子供が行う場合は対象となる
  • タクシーは急を要しているケースや電車・バスの利用ができない場合に対象

対象にならないもの

  • 美容整形の費用
  • 人間ドック・健康診断の費用(その検査によって病気が見つかり治療を行った場合は控除の対象)
  • 予防注射の費用
  • 健康食品やビタミン剤の費用
  • 自分の都合による差額ベッド代
  • 安楽のためのマッサージ代
  • 近視や乱視のためのメガネ代やコンタクトレンズ代
注意
  • 通院のためでも、自家用車のガソリン代や駐車料金は医療費控除の対象外です。
  • 電車・バスで通院できる場合に、タクシーで通院したタクシー代は対象外です。
  • 歯列矯正は大人の場合は美容目的とされ、美容整形と同様対象外になります。

どのような手続きが必要なのか?

給与所得者である会社員が医療費控除を申請する場合、確定申告の手続きが必要です。
また、確定申告の手続きには、病院や薬局の領収書やレシートの提出が必要です。

MEMO
  • 離れて暮らす家族の医療費も合わせて申告する場合には領収書を取り寄せておく。
  • タクシーには領収書があるが、公共交通機関には領収書がないので、メモしておく。suicaなどの電子マネーで支払った場合には、駅の券売機で支払い明細を出しておく。

参考文献:みんなが欲しかった!FPの教科書・2級

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です