時間の家計簿つけてますか?Togglを使ってみて

お金の家計簿をつけている人は多いと思います。

しかし、

時間の家計簿はつけていますか?

私は毎日を有意義に生活しようと思っていても、寝坊をしてしまったり、ついついテレビを見すぎてしまったり、何も考えずスマホのでSNSを見てしまうことが多いです。

お金を浪費することは、明らかにお財布や銀行口座から減っていることがわかるので注意することができると思います。
ですが、時間の浪費には意識しないとなかなか気づけないのではないでしょうか?

今日は、私が使っている時間管理アプリのTogglを使ってみた感想をお伝えできればと思います。

Togglとは?

Togglは行動のログを記録できるスマホアプリです。
何か行動しようと思った時に開始、終わった時に終了のスイッチを押すことで記録ができます。

また、アカウントを作ることによってパソコンでより詳細な情報を見ることもできます。

 

Togglを使ってみてよかったと思ったことを紹介していきます。

生産的な時間と非生産的な時間がわかった

私は訪問看護ステーションに勤務しています。

訪問看護では自転車や車で患者さん・利用者さんのお宅に訪問して看護やリハビリといった医療サービスを提供することになります。

サービスを提供している時間は売り上げも発生し、患者さんの状態をよくするための活動ができているので生産的な時間です。

しかし、営業の時間、計画書・報告書を作成している時間、会議の時間は売り上げも発生していないので非生産的な時間です。

これらの時間をなるべく少なくすることが大切です。

患者さんのお宅を訪問する動線を変えるといった効率的に回れる工夫が必要です。

 

時間をムダにすることが少なくなった

まずは、何か行動をする前にはスマホを操作してログを記録する習慣をつけなければいけませんが、ログを常に意識するようになると時間をムダにしてしまう行動を思い留まることができます。

無意識に生活していると、電車に乗った時にスマホを取り出してSNSを見はじめたり、家に帰ってすぐにテレビを見はじめて、特に見なくてもいい番組をぼーっと見てしまうということがおきます。

しかし、常にログをとるようにするとスマホをいじる時も、テレビを見るときもログを取らなければいけないので、スマホでログを記録しようとした時にふと思うのです、

「今テレビを見てもいいのか?」

「スマホでSNSを見てもいいのか?」

このように思うことができれば、その行動をはじめる前に1度考え、思い留まることができます。

 

ひとつひとつの仕事に集中できるようになった

これは、他のよかったこととも関連するのですが、何か行動をはじめる前に明確に意識してからはじめるので、目的意識がはっきりします。

勉強や仕事中にスマホにニュースの速報や連絡が来ても、そのスマホのロックを外して見るためにはログを取らなければいけないので、通知で簡単に要件を確認してもともとしていた仕事に集中することができます。

 

デメリットは?

  1. ログをとる時に毎回スマホを取り出して、アプリを立ち上げてタップするのが面倒だった
  2. プロジェクトを設定するのが面倒だった。
  1. やっぱり、毎回スマホを取り出して、アプリを起動して、ボタンをタップするのは面倒です。
    日常生活のログをとって、それぞれの仕事における作業、家事、移動時間等のログがとれて自分の中の行動のモノサシができたら、やめ時かなと思いました。
  2. 時間の配分を円グラフで表示するためにもプロジェクトごとに設定しなければいけないので、それが大変でした。
    細かく設定しないと大雑把にしか円グラフで配分がわからないので、最初はパソコンでやるのがいいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です