高齢者と話す時に役立つ話題

こんにちは!かまくらです。

雑談するのってなかなか難しいですよね。
私も毎日、高齢の患者さん・利用者さんと会話していますが、雑談が続かなくなってしまうことがあります。

雑談をする前に問診をするのが当然ですし、患者さんの状態や最近の様子を聞いたりすることの方が雑談よりも大切です。

しかし、雑談することで得られるメリットもあります。

患者さん・利用者さんは高齢の方が多いので、当然ですが私たちより人生経験が豊富です。そのような人生の先輩方との会話は学びにあふれています。

「中には会話をするのが楽しいから訪問して欲しい」と言う患者さんもいます。

また、社長さんや社会的地位の高い人に時々いるのですが、歴史や政治、学術的なこちらをためすような質問をしてくる方もなかにはいらっしゃいます。

そこで答えることができれば、信頼にもつながりますし、お互いにリスペクトできる関係性を作ることにもつながってくると思います。

今日はそんな雑談に役立つジャンルについて説明していきます。

スポーツ

スポーツの話題は話す機会が多いと思います。

オリンピック、ワールドカップなどのビッグイベントでも多くの競技で行われているとほぼ一年通して何かしらのスポーツの大会が開催されています。

相撲

相撲は多くの高齢者の方が見ています。

特に3時から6時の間に訪問するとほとんどの方がテレビをつけて相撲中継を見ています。今場所、どの力士が調子がいいのか?相撲のルールは?番付とは何か?といったことを知っておくと楽しく話ができると思います。

野球

野球も多くの方が好きなスポーツの一つです。

有名な選手、患者さんがどのチームを応援しているのか?応援していたら調子はいいのか?といったことを把握しておくと話も盛り上がります。

フィギュアスケート

フィギュアスケートは女性の患者さまが大好きです。

芸術的な演技とイケメンの羽生選手に世のお母さま方は釘付けです。

歴史

歴史好きな人は多く、出身地などの話になった時も良く出てきます。

戦国時代

戦国時代はファンが多い時代のひとつです。

私は長野県出身なので、良く以前ドラマをやっていたこともあって真田幸村の話題に良くなります。そのほかにも山梨なら武田信玄、仙台なら伊達政宗といった具合に出身地話題になった時に出てくることが多いです。

それぞれの武将の生き様や考え方などを歴史漫画で学んでおくと会話をより楽しむことができます。

幕末・明治維新

幕末・明治維新の時代もファンが多いです。

新撰組、維新志士たちの話は有名ですね。

第二次世界大戦

80代以上の方は戦争の経験を記憶されている方が多いです。

その当時の実体験のお話を聞ける機会はなかなかないです。

軍の将校、乃木希典、山本五十六、東郷平八郎などは有名なので、教養として覚えておいて損はないと思います。

文化

日本にはいろいろな文化があります。
私は以前、漢詩が好きなおばあさんにお会いしたことがあります。

  • 漢詩
  • 百人一首
  • 着物
  • お茶
  • お花

日本の地理・名産・観光地・お祭り

東京には日本中から上京してきた人が集まっているため、いろいろな道・府・県出身の人に会います。
その時に患者さんの出身地の名産品や有名な観光地、地元のお祭りなどを知っておくと楽しくお話ができると思います。

時事ネタ

その時話題になっているニュースや、政治・経済の話、国会で議論されている内容などは患者さんとの会話のためにも知っておいて損はありません。

社会人として今後の社会の動きを考えていく上でも日々ニュースを見て知っておくべき知識だと思います。

ほかの職業・業界の話

高齢者の方は若い時にいろいろな職業についています。

職業はその人のアイデンティティを構成するもののひとつだと思いますし、若い時バリバリ働いていた方はそのことを誇りに思っています。

職業の経歴はその人の希望や活動・参加を引き出すのに重要な要因となります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
知らない話題でも、「興味があるから教えてください」というスタンスでお話を聞いていけば、みなさん快くお話してくださいます。

しかし、それに加えてこちらが前提知識をもってより深い質問をすることができたら、さらに大きな学びを得ることができます。

どんどん興味をもっていろいろな教養を深めていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です