小児の原始反射とは?

こんにちは!鎌倉です!

今日は原始反射についてまとめていきます。
背中をこすると体を曲げたり、足のうらをこすると足の指を曲げる赤ちゃんの動画などをみたことがあると思います。

そのような反応をまとめて原始反射といいます。

原始反射とは

出生後早期に出現し、やがて表面的に観察されなくなる反射。
一定の時期がすぎてくるとより高いレベルの反射によって統合され、反射は抑制され観察されにくくなる。

原始反射は、生まれたばかりで自分では何もできない赤ちゃんが外の世界に対応するために備わっている能力です。

原始反射は赤ちゃんが生きていくためと、将来の動作や生活のベースとしての役割があります。

しかし、原始反射が一定の時期を過ぎた後にも残存していると日常生活で無意識に適当でない反応が出ることがあります。

反射の種類

モロー反射

大きな音などの外部からの刺激があると、体をビクッとさせて両手両足を大きく広げる反応

吸啜(きゅうてつ)反射

唇のあたりを触れたり、刺激されると舌を出しておっぱいを吸うような反応をする

緊張性迷路反射

うつ伏せになると体の屈筋の力が入って、体が丸まる反応

仰向けになると、体の伸筋に力が入って手足が伸びる反応

手掌把握反射(パーマー反射)

赤ちゃんの手のひらに指を入れると握る反応

4〜6ヶ月程度で反応が見られなくなる

非対称性緊張性頚反射

首を回旋させると、
顔を向けた側の上下肢が伸展、

頭側の上下肢が屈曲

する反応

生後2ヶ月以内にほとんど見られなくなる

対称性緊張性頚反射

四つ這いの状態で、
頚部を前屈すると、上肢屈曲・下肢伸展

頚部を後屈すると、上肢伸展・下肢屈曲

する反応

生後3、4ヶ月以内にほとんどみられなくなる

足底把握反射

足の裏を指で圧迫すると足の指を曲げるように握る反応

生後9ヶ月ほどで見られなくなる

姿勢反射と誘発テスト

引き起こし反応

あお向けに寝かした赤ちゃんの両手を持って上体を引き起こすと、起き上がろうとするかのように、両手両足が曲がって頭が持ち上がる反応

ランドー反応

子供をうつ伏せにした時、背中と股関節が伸展して伸びる反応

生後3ヶ月程度で出現するとされている

腋窩懸垂反応

子供の両腋を両手で支えた時の下肢の反応

両下肢を引き寄せたり、伸ばしたりする

立ち直り反応

子供を抱きかかえた状態で体を左右に傾けると頭部を水平に保とうとする反応

空間での頭部の立ち直り反応は迷路性の頭部の立ち直り反応と視覚性の頭部の立ち直り反応に分けられる

迷路性・視覚性の頭部の立ち直り反応は生後2ヶ月ほどで見られるようになってくる

保護伸展反応

体が倒れそうになった時に、とっさに手を出して転倒するのを防ごうとする反応

前方保護伸展反応は生後7ヶ月ごろに出現するとされている

側方保護伸展反応は生後7ヶ月ごろに出現するとされている

後方保護伸展反応は生後9ヶ月ごろに出現するとされている

傾斜反応

子供を台の上に乗せ、台を傾けた時に、その傾きが刺激となり転倒するのを防ごうとする一連の反応

姿勢によって、腹臥位(うつ伏せ)傾斜反応、背臥位(あお向け)傾斜反応、四つ這い傾斜反応、立位傾斜反応がある

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です