はじめての確定申告

こんにちは!かまくらです。

みなさんは確定申告をしたことはありますか?

私は去年に軽めの静脈瘤の手術をしたり、突発性難聴の治療をしたりで医療費がけっこうかかってしまいました。

それなので、今年は確定申告をします。

今日は確定申告について調べたことのアウトプットとしてまとめようと思います。

こんなあなたにおすすめ
  • 確定申告をはじめてする人

確定申告とは?

確定申告とは、納税者が自分で所得税の金額を計算して申告、納付することを言います。

所得税の確定申告期間は、翌年の2月16日〜3月15日までの間です。

サラリーマンで確定申告が必要な場合

サラリーマンの場合は、一般的に年末調整で所得税の計算が行われるため、確定申告をする必要はありませんが、次の場合には、確定申告が必要になります。

  1. その年の給与等の金額が2,000万円を超える場合
  2. 配当所得や不動産所得などの副業所得が20万円を超える場合
  3. 2ヶ所以上から給与を受け取っている場合
  4. 住宅借り入れ金等特別控除(住宅ローン控除)の適用を受ける場合
    初年度のみ確定申告が必要(2年目以降は年末調整で行う)
  5. 雑損控除、医療費控除、寄付金控除の適用を受ける場合
  6. 配当控除の適用を受ける場合
  7. 同族会社の役員などで、その同族会社からの給与以外に貸付金の利子や資産の賃貸料を受けている場合
  8. その年の途中で退職し、再就職しておらず、年末調整を受けられない場合
  9. ふるさと納税の納付先自治体が6ヶ所以上の場合

この条件によると、私の場合は「医療費控除の適用を受ける」という条件が合致します。

サラリーマンでもいろいろな条件で確定申告をしなければいけないんですね。

確定申告の方法には、「青色申告」と「白色申告」の2種類があります。

青色申告とは?

青色申告とは、特別控除が設けられている確定申告の方法です。

複式簿記にもとづいて取引を帳簿に記録し、その記録をもとに所得税を計算して申告する必要があります。

青色申告の要件
  • 不動産所得、事業所得、山林所得がある人
  • 「青色申告承認申請書」を税務署に提出していること
  • 一定の帳簿書類を備えて、取引を適正に記録し、保存(保存期間は7年間)していること

青色申告をする場合には、青色申告をしようとする年の3月15日まで(1月16日以降に開業する人は開業日から2ヶ月以内)に「青色申告承認申請書」を税務署に提出する必要があります。

青色申告の主な特典
  1. 青色申告特別控除
  2. 青色事業専従者給与の必要経費の算入
  3. 純損失の繰越控除、繰戻還付

白色申告とは?

白色申告とは、青色申告と比べて簡単に確定申告ができる方法です。貸借対照表の提出が不要であるほか、帳簿も取引ごとにすべて記載するのではなく、日々の合計金額を一括記載する方法で申告できます。

ただし、白色申告には、青色申告にある家族への給与を経費にできる仕組みや、赤字の繰越もないので、節税メリットは少ないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です