難聴で障害者手帳はもらえるの?

こんにちは!かまくらです!

僕が突発性難聴になってしまった時、回復するかどうかはわからなかったので将来のことをいろいろ考えてしまい不安で胸がいっぱいでした。

このまま聴力が戻らなかったら補聴器を買った方がいいのか?職場で患者さんとのコミュニケーションがうまく取れなかったら仕事を変えた方がいいかもしれない、といろいろ考えていました。

何か体の不調が起きてしまった場合に、障害者手帳があるといろいろなサービスを受けることができます。

数ある障害の中でも、

今日は難聴で障害者手帳はもらえるのか?という疑問についてお答えしていこうと思います。

こんなあなたにおすすめ!
  • 突発性難聴になってしまったけど、今後どうしていけばいいのだろう?
  • 祖父、祖母が難聴になってきたけど、どうすればいいのだろう?
  • などなど耳の聞こえに不安をもっているひと

難聴で障害者手帳はもらえるのか?

結論から言うと、難聴で障害者手帳がもらえます。

ただし、条件があります。

その条件とは、一側耳の聴力レベルが90dB以上、他側耳の聴力レベルが50dB以上のもの

このレベルが、障害者程度等級の6級に相当します。

この基準が一番ゆるい条件なのですが、突発性難聴を経験した私からするとかなり厳しく感じます。

90dB以上というのは耳もとでかなりの大声で話してもらわないと聞こえないレベルです。

また、50dBが聞こえるレベルというのは、静かなオフィスで普通の声で日常会話はできますが、耳にフィルターがかかったような感じがして、うまく聞き取れないことも多いと思います。

聴力のレベルに関しては「聴力検査の結果の見方は?」を参考にしてみてください。

片耳だけの難聴では障害者手帳はもらえません

片耳だけ難聴になっても、日常生活での違和感は大きいです。

静かなオフィスでの1対1の会話では、そこまで困ることなないと思います。

しかし、雑音がある場所や大人数での会話、飲み会の席での会話などでは、うまく聞き取れなかったり、集中して聞いているため精神的に疲れてしまいます。

片耳だけの難聴の場合は補聴器を使う

片耳だけの難聴の場合、クロス補聴器というのがあります。

クロス補聴器とは、聞こえない側の耳の音を聞こえている側の耳に送信し、片耳で両耳の音を聞き取る補聴器です。

聞こえない方の耳に送信機を着けて、聞こえている側の耳に補聴器(受信機)を着けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です