【他職種理解】臨床工学技士

こんにちは!鎌倉です。

先日の飲み会で臨床工学技士の方とお会いしました。
同じ医療職ですが、直接関わることは少なく具体的にどのような仕事をしているのか知らないことも多いです。

今日は、他職種理解が重要だと思い自分なりに調べたことをまとめてみます。

臨床工学技士とは?

臨床工学技士は医療機器の専門医療職です。
医療機器がいつでも安心して使用できるように保守点検をしています。

臨床工学技士に具体的な業務内容

呼吸治療業務

人工呼吸器が安全に使用されているか、装置に以上がないかなどを確認します。
また、人工呼吸器のメンテナンス・管理等も行います。

人工心肺業務

心臓の手術の際に、心臓や肺の代わる働きをする人工心肺を操作・管理します。
心臓の手術では多い時には数十台もの医療機器が同時に使われるため、全ての機器の操作や使用前の点検を受け持ちます。

血液浄化業務

穿刺や人工透析装置の操作を行います。

手術室業務

手術室内のたくさんの医療機器の操作や事前の管理を行います。

集中治療業務

人工呼吸器や持続的血液浄化装置などの生命維持管理装置の操作や管理を行います。

新血管カテーテル業務

心臓カテーテル検査は心臓病の診断をするための検査方法です。
臨床工学技士は検査室内にある装置の操作や補助循環装置・ペースメーカーなどの操作をすることもあります。

高気圧酸素業務

高い気圧の環境下で酸素を吸入させることで、血液中の酸素を増やすのが高気圧酸素療法です。

ペースメーカー・ICD業務

不整脈に苦しむ患者さんはペースメーカーを埋め込む手術をします。
ペースメーカーのプログラムの管理をしたり、不整脈のモニタリングを行なったりします。

医療機器管理業務

医療機器が安全に使用でき、機能が維持されるよう保守・点検を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です