ブログのネタが浮かばない!?記事の種類から考えてみよう

こんにちは!

少しずつブログの記事を書いている鎌倉です。

ブログを始めてみたはいいものの、なかなか記事のネタが浮かんでこないことも多いです。今日は、たくさんのブログや記事を読んでみて、記事の種類にもいろいろなタイプがあると感じたのでまとめてみたいと思います。

  1. レビュー記事(紹介文・書評)
  2. 体験談(プロフィール・自分に関すること)
  3. 説明文(引用記事、医学や健康に関するコラム、新聞の政治・経済等の事実のみ書いてある記事)
  4. インタビュー記事
  5. コラム記事

私は記事を5つのタイプに分類しました。

それぞれみていきましょう。

1.レビュー記事

レビュー記事は書評、使ってみた道具の紹介文と同じ分類です。

主に事実ベースで書いた方がいいですが、使ってみた感想や惹かれたポイントなど主観的な意見が含まれてもいいと思います。

注意するべきことは、あまり誇張した表現や、批評ではおさまらないネガティブな表現は控えた方が良いでしょう。

Point!
  • 主に事実に基づいた内容で書く
  • 良かったと思った点は、主観的なことでも問題ない
注意
  • あまりに誇張した表現
  • 批評を超えるネガティブな表現

2.体験談

体験談は主に自分が感じたことや、考えたこと、感想について書くので一番自由にかけると思います。

ブログの記事においては、何かイベントに行った時の感想や、自分の生い立ち・ブログを始めた理由などを書くプロフィールのページが該当すると思います。

Point!
  • 自分の主観的な内容を書く
  • 比較的自由に書ける
注意
  • 明らかに嘘だとわかる、常識ではありえない内容。

3.説明文

説明文は客観的な内容、情報収集した根拠に基づいた事実のみで構成される記事です。

私が主に書こうとしている健康・医学に関する記事はほとんどがこの分類になると思います。必ず科学的根拠はどのような研究を元にしているのか示さなければなりません。

引用元、参考文献の記載も必要です。

Point!
  • 客観的な内容について書く
  • 根拠に基づいた事実のみで構成する
注意
  • 主観的な内容は入れない
  • 曖昧な表現はしない

4.インタビュー記事

インタビュー記事は誰かに会って、質問や話をして、インタビュイー(インタビューを受ける人)の経歴、生き方、考え方、価値観などをまとめた記事になります。

私の主観ですがインタビュー記事はある程度記事をたくさん書いているブロガーさんが、企画して投稿しているイメージがあります。

業界の第一人者、著名人が多いと思いますが、私にはそのような知り合いはほぼいないので、尊敬する人やどのような考えを持って生きているのか知りたい人にインタビューした内容を記事としてアウトプットしたいと思います。

Point!
  • インタビュイーの生き方、考え方、アイディアについてまとめる
注意
  • 会話の流れに沿って全文を書くのか?ポイントにしぼってパートごと書くのか注意する

5.コラム記事

コラム記事は日常生活を少し便利にするお役立ち情報や、仕事・人間関係がうまくいくコツなどをまとめた記事になります。

よくあるのは、

・お金持ちに共通する5つの習慣
・持ち家vs賃貸 どちらが良いのか?
・仕事ができる人の3つの特徴

といったタイトルのものが多いです。

個人の価値観により意思決定がされる内容に関してそれぞれを比較してアドバイスをしたり、参考になる人の良いポイントをまとめたりしてある記事です。

Point!
  • 読者が興味を持つようなお役立ち情報
  • 意思決定の参考になるような内容
注意
  • 必ずしも根拠を明確にする必要なないが、論理・考察・傾向は示した方が良い。

まとめ

いかがでしたか?

記事の種類から考えてみると日常の出来事を、どうまとめればいいのか新しい発想が浮かんでくるかもしれないです。

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です