無財の七施 giveすること

こんにちは、かまくらです。

今日は「無財の七施」という新しく知った言葉についてまとめていこうと思います。

「無財の七施」は仏教用語なのですが、僕はこの言葉を先輩から教えてもらいました。

お布施というと、お金や食べ物を分け与えるというイメージがありますが、お布施はお金や物だけではありません。

布施の意味は「分け隔てなく施す」という意味です。

私たちの日常には、財産や物を持っていなくても心がけ次第で周囲にいる人を幸せにすることができる「無財の七施」があります。

  1. 眼施(がんせ)
  2. 和顔施(わがんせ)
  3. 言辞施(ごんじせ)
  4. 身施(しんせ)
  5. 心施(しんせ)
  6. 床座施(しょうざせ)
  7. 房舎施(ぼうしゃせ)

それぞれを見ていきたいと思います。

眼施

常に暖かく優しい眼差しのこと

和顔施

いつもニコニコ笑顔でいること

言辞施

優しく時には厳しく叱る愛情のこもった言葉

身施

自分の身体を使い奉仕すること

心施

心配り・気配り、思いやりの心を持ち、相手の立場になって考えてみること

床座施

座席や場所、地位を譲ること

房舎施

家や部屋といった、雨風しのげる場所を提供すること

このような心がけは自分の気持ち次第で簡単にできる物ですが、なかなかできていない人も多いのではないでしょうか?

以前、ネットの記事で大人の付き合いではお互いにメリットがあってgiveし合える関係しか続かないという意見を読みました。

それを読んだ時、僕は「ヤバイ、そんなにgiveできる物を持ってないぞ」と思いました。

しかし、「無財の七施」という言葉を知ってからは、お金や物を持っていなかったとしても、自分の態度や言葉で誰かのためにgiveしようと思いました。

僕の仕事は理学療法士として、患者さんのリハビリをすることです。

仕事は自分の身体を使うことですが、患者さんと接する時や、職場のスタッフと接する時、お店の店員さんなど、人生のあらゆる場面にgiveするチャンスはあるとおもいました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です